夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

テンカラ釣り 記録より記憶に残るイワナ・アマゴ・ヤマメのヒットシーン【ヤマメ編・本題】

東京時代のホームグラウンド、秋川源流での釣り

 東京(八王子市)に住んでいた頃は、地の利もあって、僕のテンカラ釣りのホームグラウンドは秋川多摩川の支流。上流で北秋川と南秋川に分かれる)でした。

 もともと、沢登りから入ったこともあり、僕の釣り場は源流に近い沢がほとんど。かつて沢登りで通った沢の多くがそのまま釣り場になっていたりします。

 秋川でいうと、南秋川の小坂志川ハチザス沢、北秋川の月夜見沢惣岳沢などです。いずれも小渓で、場所によってはテンカラ竿を振るのも難儀なことがありますが、何と言ってもアプローチの短さが魅力です。

 釣れてくるのはほぼヤマメ。一度だけ小坂志川の更に小さな支沢で、尺にわずかに足らない見事なイワナを釣ったことがありましたが、あれは何だったのでしょう?

 ヤマメのアベレージはリリーズサイズを脇に置いても17〜18cmくらいでしょうか。正直、7寸(約21cm)を越えれば「大きいのが釣れた!」という感じです。自分も含め、釣師が多いので、十分に育つ前に釣られてしまうのでしょう。

 

ヤマメが暮らす小さな世界

 秋川水系での釣りの隠れた楽しみは、釣師が全く入っていないような、小渓ならぬ極小渓を、国土地理院の地形図から見つけ出し、事実上の天然ヤマメを釣ることです。

 これが、意外とあるんです。民家の裏手の小道をたどり、藪に阻まれた辺りで沢筋に降りて、流れにかぶさる草を掻き分けながら進みます。ポイントらしいポイントもほとんどないのですが、それでも時折、ここぞという小さな淵があったりします。慎重に毛鉤を落とせば、安心し切った美しい魚がゆっくり毛鉤を咥えてくれます。

 こういう沢で釣れる魚は本当に美しく、サイズも軽く7寸を超えてきます。小さな生態系の中で、バランスよく世代交代を繰り返してきたのでしょう。だから、もちろんリリースします。

 こうした極小渓は、ある意味、貴重ですね。毎日のように釣師に攻められて疑心暗鬼になった魚たちばかりを相手にしていると、こちらの身勝手とは言え、ちょっとギスギスした気持ちにもなりますが、ここは別天地。

 但し、そこは文字通りのスモールワールドなので、ちょっとした外部からの刺激にもすぐ反応して消滅してしまうことでしょう。それは決して釣師云々の問題だけではなく、例えば上流の植林帯で大規模な伐採が行われる、とか、空梅雨で水が涸れてしまうとか、様々な要因が考えられます。

 自分から踏み込んでおいて何ですが、だから、僕はそっとその地を離れます。滅多に訪れることはなくとも、その小さな世界が確かに存在している、と思うだけで、けっこう満ち足りた気分になるものです。

 

追記

 ヤマメのヒットシーンを語るなら、年に数回、泊りがけで出かけていた多摩川源流の小室川谷小常木谷竜喰谷などを取り上げるべきかも知れませんが、それはまたの機会に。

 但し、今、名前を挙げた谷(特に小常木谷)は、十分な沢登りの装備と一定以上の経験が必要です。安易な気持ちで入渓するのは危険です。僕自身、滝の登攀に自信がないので、小常木谷は下流の小区間しか釣っていません。入渓する場合には、十分に情報を収集して、ご自分の遡行技術のレベルに合った釣行計画を立ててください。

 

 それでは、今日はこの辺で擱筆致します。

 最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

yuugurefermata.hateblo.jp