夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

山城ファン(ニワカ)の山城訪問記      松尾山城・小谷城編

山城ファン(ニワカ)のご報告 / 松尾山城跡編

 本格的なマニアの方には及びもつきませんが、僕も幾つかの山城を訪れたことがあります。自宅からほど近い関ヶ原町にある松尾山城には、図書館で手に入れた縄張り図のコピーを持って登ってきました。

 松尾山城は、関ヶ原合戦の際に、西軍から東軍に寝返ったことで知られる小早川秀秋が布陣した山城として有名ですが、実は、もっと以前から、いわゆる境目の城として使われていました。情勢に応じて、美濃の織田勢が入ったり、近江の浅井勢が入ったりしたようです。

 山頂には主郭を守る土塁跡がはっきりと残り、敵の侵入を妨げるために築かれた虎口(こぐち)もしっかり確認することができます。また、主郭以外にも多くの遺構を観察することができますが、そのほとんどは樹林の中にあるので、マムシスズメバチなどの被害に遭わないよう注意が必要です。

 

山城ファン(ニワカ)のご報告 / 小谷城跡編

 関ヶ原を抜け、湖北(滋賀県北部)方面へと車を走らせると、やがて両翼を広げたような二本の緩やかな尾根を持つ小谷城が現れます。小谷城は浅井氏の居城で、三代目の浅井長政はこの城の攻防戦で織田信長に敗れ、自刃しています。

 小谷城は堅固で、多くの支城を持っている上、浅井氏の背後には朝倉氏がついていました。それでも織田勢は徐々に攻勢を強め、決戦間近には、小谷城の真正面にある虎御前山という小山に本陣を置いて、文字通り、虎視眈々と城に攻め登るタイミングを図っていました。

 小谷城跡に登ると、虎御前山の近さに驚きます。虎御前山の隣には、支城である中島城や丁野城、更に西方の琵琶湖方面を望めば、これも有力な支城であった山本山城を望むことができます。ちなみに、山本山は冬季になるとオオワシが飛来して塒(ねぐら)にすることで知られています。

 小谷城跡には大きな空堀や大石垣が残り、見所がたくさんあります。僕は積雪のある時期に登りました。東側の尾根に取り付いて、主郭その他の遺構を見学し、築城された当初は主郭があったとされる山頂を経て、西側の尾根を下りました。

 また、別の日には、向かいの虎御前山にも行ってみました。こんな至近距離で対峙されては、浅井軍も気の休まる時がなかったでしょう。内部に離反者が続出したというのも頷けるというものです(尤も、離反者が多く出るような状況だからこそ、眼前の虎御前山に布陣されてしまったとも言えますが…)。

 

おまけのバードウォッチング / キクイタダキ

 ところで、虎御前山の尾根道を歩いている時、キクイタダキに会うことができました。キクイタダキは日本で最も小さい鳥の一つとされ、本当に黄色い菊の花のひとひらを頭上にちょこんと乗せたような羽色をしているのが特徴です。あまり数が多くないので、実際、会えた時は興奮で双眼鏡を持つ手が震えました(笑)。

 他にも訪れたことのある山城は幾つかあるので、機会があったらまたご紹介したいと思います。ここまで読んでくださって、ありがとうございました。