夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

猛禽類(タカ目に分類される鳥)たちとの出会い

基本はトビ、それからノスリチョウゲンボウ

 タカ目の中で我々が最も慣れ親しんでいる鳥はトビでしょう。ピーヒョロロロという、あの独特の鳴き声も含めて、意識しているか否かはともかく、トビを見たことのない方はほとんどいないんじゃないでしょうか。

 トビについでよく見られるのは恐らくノスリでしょう。トビより少し小柄で、羽の裏側の紋がちょうどトビと反対の「白地に茶」になっていることで明確に区別できます。トビほど人里近くには来ませんが、田畑が多い地域には普通に生息しています。

 チョウゲンボウも比較的観察しやすい鳥です。トビと違って直線的に飛び、尾が長いのが特徴です。また一回り小さいコチョウゲンボウというのもいます。事前の予習がないと、ちょっと区別が難しいですが、オスは腹のオレンジ色が目立ちます。

 

猛禽類のプリンス・オオタカ & 渡りをするタカ・サシバ

 あとはやっぱりオオタカでしょうか。地域性にもよるでしょうが、意外と集落の近くまでやってきます。もちろん、背後に山や森などが控えていることが条件です。

 ハヤブサハイタカ、ツミといった小型の猛禽類にはまだ会えていません。いや、目に留まっても気づいていないのかも知れません。今後の宿題です。

 サシバは渡りをするタカとしてよく知られています。自宅近くの関ヶ原付近は渡りのルートに当たっており、マニアの方がよく写真撮影に来ています。

 

猛禽類の三巨頭、オオワシクマタカイヌワシ

 写真撮影といえば、伊吹山域のクマタカと湖北(琵琶湖北部)のオオワシを忘れてはいけません。オオワシというと、毎冬、湖北(滋賀県の琵琶湖北部)にある琵琶湖水鳥湿地センターからほど近い山本山を塒(ねぐら)にして越冬する個体がよく知られています。

 僕は事前に情報を得て、鳥見に行くことは少ないのですが、オオワシに関してはさすがに偶然会うのは無理なので、狙って会いに行きました。

 三脚に固定されためっちゃ高そうなカメラが林立する中で、ちょっと肩身の狭い思いをしながら、双眼鏡にて慎ましく観察をさせていただきました。

 一方、クマタカに関しては、姉川沿いのポイントでカメラを構えている方々にお会いしたことがあります。但し、僕はそのタイミングとは別に、伊吹山の前山にある弥高寺という山岳宗教の寺院跡で、青空をゆうゆうと舞う番のクマタカを観察することができました。

 ちなみに、揖斐川上流の尾蔵谷を釣り上がった帰途の林道からは、イヌワシの飛翔も確認しています。やはり、クマタカイヌワシとなると風格が違うというか、会った時は本当に感動しました。

 

魚を獲るタカ・ミサゴ(現場確認!)

 ちょっと変わったところではミサゴがいます。上述した琵琶湖水鳥湿地センター周辺には人工的な溜め池が多く、カモ類やサギ類(嘴がヘラのような形をしたヘラサギも飛来します)もたくさん生息しているのですが、そんな中にミサゴがいました。しかも、しばしのホバリング(停空飛行)の後、僕の目の前で急降下。体長30センチはあろうかという魚(鯉?)を捕まえて、ゆうゆうと飛び去っていきました。

 

オオタカの幼鳥 & 生態系の頂点に立つ猛禽類

 東京の郊外に住んでいた頃はそれこそトビぐらいしか会ったことがなかったのですが、こちら(岐阜県西部)に移住してきてから、かなりの種類の猛禽類に会うことができました。オオタカなどは幼鳥にもよく会い、いっそう親しみを覚えています。 

 生態系の頂点に立つ猛禽類は豊かな自然の象徴です。そんな彼らが、我々が気づかない間にひっそりと姿を消していたとしたら…。

 皆さんの暮らす地域における生態系の頂点には、誰が君臨していますか。ちょっとだけ、そういう意識を持って身の回りの自然を見直してみるのも無駄なことではないように思います。

 

yuugurefermata.hateblo.jp