夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

沢登り・渓流釣り

テンカラ釣師。九月の釣行、どうしますか?

禁漁間近の渓流釣りは? 近所の神社の森から聞こえる蝉の声が、クマゼミからヒグラシに代わりました。日中の暑さは相変わらずですが、確実に季節は動いているようです。渓流釣りの方も、標高の高い源流を除いて、小休止といったところでしょうか。 さて、九…

テンカラ釣り 記録より記憶に残るイワナ・アマゴ・ヤマメのヒットシーン【アマゴ編】

揖斐川水系・源流の釣りと徳山ダム 岐阜県西部に移住してきてからは、揖斐川の支流・源流に通ってきました。揖斐川水系は基本的にアマゴの渓ですが、最源流にはイワナが棲息している渓もあります。 僕が揖斐川の源流に通い始めた頃は、徳山ダムの工事が佳境…

テンカラ釣り 記録より記憶に残るイワナ・アマゴ・ヤマメのヒットシーン【ヤマメ編・本題】

東京時代のホームグラウンド、秋川源流での釣り 東京(八王子市)に住んでいた頃は、地の利もあって、僕のテンカラ釣りのホームグラウンドは秋川(多摩川の支流。上流で北秋川と南秋川に分かれる)でした。 もともと、沢登りから入ったこともあり、僕の釣り…

テンカラ釣り 記録より記憶に残るイワナ・アマゴ・ヤマメのヒットシーン【ヤマメ編・前説】

ヤマメとアマゴ、「陸封」のことなど。 ヤマメはビジュアル的にも大変美しい魚です。特に、体側についた楕円形のパーマーク(幼魚斑)がキュート。地域差が著しいイワナよりは、はるかに統一された容姿を持っています。但し、専門的に見れば、ヤマメにもかな…

テンカラ釣り 記録より記憶に残るイワナ・アマゴ・ヤマメのヒットシーン【イワナ編】

テンカラ釣師の自慢話 〜 まずはタックル紹介 今回は、過去の釣行から、印象的だったヒットシーンを取り上げて書いてみたいと思います。要するに自慢話なんですが、多少なりとも皆様の釣行時の参考になるような記述を心がけますので、どうかお付き合いくださ…

テンカラ釣り番外編「面白うて、やがて寂しきソロキャンプ」

沢屋から釣師へ。稜線、遠のけり(笑) 首都圏に在住していた頃は、毎年、この時期になると、1泊2日のソロキャンプに出かけていました。エリアは主に上越方面で、テンカラ釣りを始めるまでは沢を源頭まで遡って帰ってくるパターンでしたが、釣竿を携えて出…

テンカラ釣り初心の記「あの夏は暑かった!」

アウトドアの夏、テンカラの夏 このところアウトドア系の記事の投稿が続いていますが、子どもたちが夏休みということもあり、世間一般アウトドアシーズンだと思うので、良しとしましょう。 さて、僕は、渓流釣り、しかも和式の毛鉤釣りであるテンカラ釣りし…

沢登りでの「しくじり」を経験者が語ります Part2

前回、同様のタイトルで、沢登り中に起きた「死ぬかと思った」エピソードについてご紹介しましたが、今回はその続編です。 このところ、アウトドアにおける事故がニュースに取り上げられることが増えたように思います。 これは事故そのものが増えたのか、ニ…

沢登りでの「しくじり」を、経験者が語ります!

沢登りのシーズン到来! 沢登り的自己紹介 毎日、暑い日が続きます。沢登りの季節ですね。僕は多少、沢登りをやるんですが、全くの独学で、遡行(山行)もほとんどが単独行です。沢登りでは、不測の事態に陥った場合、一気に致命的な状況を招来する可能性が…

高尾山から陣馬山へ 魅惑のナイト・ハイキング

人間だもの。暗闇が怖いのは当たり前 夜の山を照明なしで歩いたことがありますか? 普段、ショーウインドウや車、街灯など、明るい夜に慣れてしまうと、郊外の暗さに恐怖を覚えることがあります。それでも、田畑の中に人家が点在する地域なら、足元を照らす…

テンカラ釣りの実戦的装備(日帰り釣行の場合)

まず、どんな渓相の渓に行くのか、について設定しておきましょう。大まかに「日帰り釣行の場合」としましたが、ザイルが必要な渓にザイルなしで行くわけにいきませんから。それでは、今回の記事で「行ったつもり」になる渓の状況を箇条書にします。 入渓地点…

テンカラ師が見たカゲロウの羽化とスーパーハッチ

今回の主役は、カゲロウ 前回は、オオムラサキとの貴重な邂逅について書きました。今回も引き続き、昆虫との出会いについて書いてみます。オオムラサキの方は、準絶滅危惧種の指定を受けているということで、個体数そのものが少ないのですが、今回取り上げる…

テンカラ釣りの釣法のポイントと条件・その他

テンカラ釣りのベストシーズン・天候・水量は? テンカラ釣りのベストシーズンは、山吹が咲く頃とはよく言われます。当然、標高の低い地域や南の暖かい地域では早く、標高が高い、あるいは北の涼しい地域では遅く開花するのが基本ですから、テンカラ釣りのベ…

ペルセウス座流星群・星座の和名のことなど

星の記憶 星や星座についてはとても詳しいとは言えないのですが、幾つか印象的な思い出もあるので、書いてみます。 以前から、星空を全く見上げないわけではなく、人並みに、北斗七星やカシオペア座、オリオン座や蠍座くらいは分かるようになってはいました…

山や渓で出会った暮らしの「記憶」

僕のホームグラウンド、奥多摩・奥秩父・奥美濃 山を歩いたり、渓を釣り上がったりしていると、思いがけないところでその土地に暮らした人々の生活の「記憶」に出会うことがあります。特に、僕の場合、東京に住んでいた頃は奥多摩や奥秩父、岐阜県に移住して…

テンカラ毛鉤を巻く! 道具・材料・手順を紹介

無料毛鉤作成講座開催(笑) 僕はテンカラ釣りしかできないへなちょこ釣師ですが、毛鉤だけは自分で巻いています。というか、毛鉤を投げようと竿を振っても、すぐに背後の木の枝とかに引っ掛けてしまうため、完成品を買っていたのでは、お小遣いがいくらあっ…

比べてみた! テンカラ釣り vs フライフィッシング

生業の釣り vs 趣味人の釣り テンカラ釣りは職漁師の釣りと言われています。毛鉤を用いる点では、イギリスで生まれたフライフィッシングとよく似ていますが、釣り、あるいは渓流魚に対する姿勢や向き合い方は、正反対と言って良いほど違います。 テンカラ釣…

毛鉤釣師のホームグラウンド(東京編・岐阜編)

釣師の性(さが)、渓流釣りの場合 渓流釣りを楽しむ釣師なら、ホームグラウンドとも言うべき川や渓を持っているはずです。もちろん、彼の頭の中には、尺上が居つく隠れ岩や、夕刻になると魚たちが一斉にライズを始める大淵の情報がしっかり刻みこまれていま…

テンカラ釣り初心の記 ヤマメ・アマゴ・イワナたち

テンカラ釣りへのアプローチ 毛鉤釣りを始めたのは三十歳を過ぎた頃です。高校時代に何度か経験した沢登りを再開して一年余。山岳雑誌などで紹介される沢登りの記事には必ずと言っていいほど登場してくる、テンカラ釣り(和式の毛鉤釣り)をやってみたくなっ…