夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

小林一茶

戸口から青水無月の…  小林一茶「青」の三句

小林一茶の新しさ 小林一茶は、宝暦十三年(1763年)の生まれ。享年六十五歳。彼の没後半世紀を経ずして、日本は明治時代を迎えます。 一茶は俳聖松尾芭蕉やその後の与謝蕪村と比較して、ややもすると格下の評価に甘んじている嫌いがありますが、丁寧に読み…

「有明や浅間の霧が…」 小林一茶の代表句について考える

小林一茶の代表句と言えば… 一茶の作品は親しみやすく、特に俳句に興味がない方でも、きっと何句かは諳んじることができることと思います。 例を挙げれば、 痩蛙まけるな一茶是(これ)に有(あり) 雀の子そこのけそこのけお馬が通る やれ打つな蠅が手を摺…

うつくしやせうじの穴の… 小林一茶の一句鑑賞

「月花や…」 一茶の俳諧観は? 小林一茶については、当ブログで二回ほど取り上げています。その際、彼の生涯について素描しておきました。 一茶は信濃北辺の農家に生まれ、十五の歳に江戸へ奉公に出されました。その後、苦労をして俳諧の宗匠になりますが、…

小林一茶を芭蕉・蕪村と比較してみた

芭蕉・蕪村・一茶の俳諧に対する姿勢の特徴 前々回に引き続き、小林一茶について考えます。 小林一茶は生涯に二万句以上の発句を遺しました。俳聖松尾芭蕉は約千句、与謝蕪村は約三千句と言われています。 後付けの感は否めませんが、以下のように考えると妙…

小林一茶の人生とその魅力について考える

小林一茶が気になります! 最近、小林一茶のことを考えています。 僕は以前から与謝蕪村が好きで、正直なところ、松尾芭蕉に関してはどうしても「勉強」している感が否めません。それでも、ここ数年で、芭蕉の凄みが何となく理解できるようにはなりました。 …