夕暮れフェルマータ

 人生のマジックアワーに振り返る好きな本とか自然とか…。

和歌・俳諧

戸口から青水無月の…  小林一茶「青」の三句

小林一茶の新しさ 小林一茶は、宝暦十三年(1763年)の生まれ。享年六十五歳。彼の没後半世紀を経ずして、日本は明治時代を迎えます。 一茶は俳聖松尾芭蕉やその後の与謝蕪村と比較して、ややもすると格下の評価に甘んじている嫌いがありますが、丁寧に読み…

「うつくし」の語義の変遷 及び「美しき」歌の系譜

「うつくし」の語義の変遷 「うつくし」という形容詞には、元々、自分より弱いものを「慈しむ」というニュアンスがありました。『万葉集』で「…妻子見ればめぐし愛(うつく)し…」(巻五800)のように用いられているのが、その例だと言えましょう。 その後、…

「有明や浅間の霧が…」 小林一茶の代表句について考える

小林一茶の代表句と言えば… 一茶の作品は親しみやすく、特に俳句に興味がない方でも、きっと何句かは諳んじることができることと思います。 例を挙げれば、 痩蛙まけるな一茶是(これ)に有(あり) 雀の子そこのけそこのけお馬が通る やれ打つな蠅が手を摺…

「門を出て故人に逢ひぬ…」 与謝蕪村の俳句鑑賞

作品の取捨のこと これは別に蕪村に限ったことではありませんが、同じ題材、同じ主題で、同時に複数の作品が生まれる場合があります。もちろん、表現が異なるのですから、切り取り方やウェイトの置き方に何らかの違いはあるのですが、作った当初はなかなか客…

うつくしやせうじの穴の… 小林一茶の一句鑑賞

「月花や…」 一茶の俳諧観は? 小林一茶については、当ブログで二回ほど取り上げています。その際、彼の生涯について素描しておきました。 一茶は信濃北辺の農家に生まれ、十五の歳に江戸へ奉公に出されました。その後、苦労をして俳諧の宗匠になりますが、…

ごくごく私的な四季の秀歌選 「秋」編・本題

前回、投稿した記事では、ごくごく私的な四季の秀歌選「秋」編・前説と題して、現代の「歌謡(=ポップスその他)」では、あまり重視されていないように見える「秋歌」の伝統について概説しました。 今日は、前回に引き続き、本題のごくごく私的な秋歌ベスト…

ごくごく私的な四季の秀歌選 「秋」編・前説

現代は「夏歌」全盛の時代 ここで言う「歌」は、基本的にCDその他でリリースされる楽曲です。昔なら「流行歌」「歌謡曲」などとジャンル分けされていたもの。最近では、ロックはもちろん、ヒップホップやダンスミュージックなど、様々なジャンルの音楽がヒッ…

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 『古今集』一首鑑賞

今日は立秋。秋の気配、感じますか? 今日は立秋です。暦の上では今日から秋ということになります。感覚的にはいかがですか。台風5号の接近・上陸があり、心配なところではありますが…。 僕は今、ちょっと訳があって、(自宅では)クーラーのない生活をして…

青山を横切る雲のいちしろく 『万葉集』一首鑑賞

前説:『万葉集』は序詞競演の場 序詞(じょし / じょことば)については、当ブログの過去記事でも取り上げていますので、詳細はそちらに譲りますが、ごく簡単に申しますと、和歌の中の特定の言葉(その歌の主題に関係する大切な言葉であることが多い)を導…

小林一茶を芭蕉・蕪村と比較してみた

芭蕉・蕪村・一茶の俳諧に対する姿勢の特徴 前々回に引き続き、小林一茶について考えます。 小林一茶は生涯に二万句以上の発句を遺しました。俳聖松尾芭蕉は約千句、与謝蕪村は約三千句と言われています。 後付けの感は否めませんが、以下のように考えると妙…

小林一茶の人生とその魅力について考える

小林一茶が気になります! 最近、小林一茶のことを考えています。 僕は以前から与謝蕪村が好きで、正直なところ、松尾芭蕉に関してはどうしても「勉強」している感が否めません。それでも、ここ数年で、芭蕉の凄みが何となく理解できるようにはなりました。 …

与謝蕪村・内藤丈草に共通する魅力、そして作品

俳諧(特に、発句=今でいう俳句)のことを書こうとすると、まず与謝蕪村、それから、芭蕉の弟子の内藤丈草などを取り上げたくなるのは、明らかに僕の個人的な好みが影響しています。 蕪村のこと 蕪村については、俳諧と同時に絵師として活躍し、同時代を生…

藤原定家・西行・与謝蕪村         和歌・俳諧における「無」の美について考える

我が国に伝統的な美感 和歌に限らず、言語芸術においては、実際にそこにないものを「ない」と表現することで文芸上の効果を狙うことがあります。 これは、ファンタジーのような空想の産物を描く、という意味ではありません。なぜなら、当該作品の設定として…

挽歌の伝統と余明軍の哀悼歌

「挽歌」とは何か 「挽歌」は『万葉集』の三大部立の一つ(他の二つは雑歌と相聞)としてよく知られています。元々は、中国において、葬送の際、柩車を挽く役割の者が歌った歌をそう呼んでいたようですが、『万葉集』においては、広く死者を哀悼する歌を指し…

芭蕉以前の俳人たち・その壱

連歌から俳諧連歌へ 松尾芭蕉が、幽玄・閑寂な境地に立った「蕉風」と呼ばれる俳風を確立する以前の俳諧は、言葉遊びを含めた滑稽を旨としていましたが、その人気は高く、印刷技術の発達とも相俟って、盛んに俳書が作られていました。そうした俳書は、一般の…

『万葉集』秀歌鑑賞 大伴家持の「春愁三首」

大伴家持と言えば、『万葉集』後期の代表的な歌人で、詳細は不明なものの、『万葉集』の編纂にも深く関わった人物として知られています。古来、大伴氏は軍事の分野で朝廷に仕えてきた名門でしたが、蘇我氏や、それに代わる藤原氏が台頭するに従って、徐々に…

与謝蕪村の三句鑑賞 / 小さきものへの愛

小貝・白露・茨の棘・かかり舟 与謝蕪村の作品は絵画的である、とよく言われます。もちろん、それに間違いはないのですが、彼の対象を見つめる眼差しには、どこか寂しさを分け合うような温もりを感じます。一見、純粋な写生の句に見えながら、控えめに優しい…

本歌取り / 表現技法別に見る和歌・その弐

本歌取り・概説 和歌の技法の一つに「本歌取り」があります。『万葉集』においても、その萌芽と見られる例はありますが、確固たる技法として確立されたのは平安時代の末頃です。 「本歌取り」という技法がこの時期になってようやく本格的に用いられるように…

和歌史における柿本人麿の特異性について考える

『万葉集』の、いや、和歌の歴史における最高位の歌人として、柿本人麿の名を挙げる人は多いでしょう。素人ながら、僕もその意見に賛成です。 もちろん、千数百年に及ぶ和歌史の中で、新たな展開のきっかけを作った人物は少なくありません。よく知られた春愁…

歌人・京極為兼のスーパーリアルな美的世界

京極為兼は鎌倉時代末期に生きた歌人です。当時の常識であった伝統に則った作歌方法に異議を唱え、「心のままに詞のにほひゆく」*1和歌を良しとする歌論を推し進め、実作にも多くの佳品を遺しました。 為兼は、藤原定家の曾孫であり、政治家としても活躍し、…

江戸時代末期の俳諧 / 成美・月居・道彦の佳句

18世紀も末になると、幕藩体制の硬直化がとみに進んで、末期的な様相を呈してきます。それに伴い、体制側からの管理、締めつけが強化され、自由闊達な表現がしにくくなってきました。そのため、文芸においても、自らは安全地帯に身を置きながら、陰で皮肉…

斑猫幻想  ハンミョウ釣り情報のおまけ付き

ハンミョウとの出会い 初夏、日当たりのよい林道をのんびり歩いていると、不意に足元からスッと飛び立つものがあります。ハンミョウです。こちらが歩を進めると、再びスッと浮きあがっては、数メートル先の日溜まりに着地します。これを飽きずに繰り返します…

『古事記』の一首鑑賞 / 「さねさし相模の…」

さねさし相模の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも 父、景行天皇の命により東征に向かったヤマトタケルは、走水の海(現在の浦賀水道)を航行中、海神の怒りに触れ、激しい時化に見舞われます。その際、海神の怒りを鎮めるために自ら入水することを申…

与謝蕪村の一句鑑賞 その七

小鳥来る音嬉しさよ板びさし 作者は屋内に居て、ふと軒先から聞こえる微かな物音に気付きます。耳を澄ますと、時折、可憐な鳴き声も聞こえてきます。板びさしの上を小鳥が歩き回っているのです。「ああ、もう小鳥がやってくる季節になったか」と、嬉しい気持…

与謝蕪村の一句鑑賞 その六

我(わが)帰る路いく筋ぞ春の艸(くさ) 上掲の一句は、当時、自身の性格的な問題もあって大坂(現在の大阪)を追われ、兵庫に流寓していた弟子の大魯を訪ねた際に開かれた句会で生まれたもの。たまたま引き当てた「春草」という題による即興です。 この句…

松尾芭蕉『おくのほそ道』をめぐる雑感 / 『おくのほそ道』は第一級のファンタジーである!

松尾芭蕉の著作といえば、何と言っても『おくのほそ道』でしょう。芭蕉が、愛弟子の河合曾良とともに「みちのく」を旅して認めた紀行文として有名です。しかし、これもよく知られていることですが、そこに記載された内容は必ずしも事実そのものではありませ…

加舎白雄の三句鑑賞

加舎白雄(かやしらお)をご存知ですか? 江戸時代の俳人としては、これまで、与謝蕪村を中心に、言わずと知れた松尾芭蕉とその弟子である内藤丈草を取り上げてきましたが、もちろん他にも優れた俳人は少なくありません。中でも有名なのは小林一茶ですね。一…

鳥の俳句・その弐 / 季語「翡翠(カワセミ)」

カワセミは、野鳥界の「国民的アイドル」 カワセミは日本に生息する野鳥の中でも人気が高く、写真集も多く刊行されています。都市化の波に追われて一時は数を減らしたかとも思われましたが、環境の変化に順応したのか、再び、都市化の進んだ河川にもその美し…

鳥の俳句・その壱 / 季語「さえずり」「大瑠璃」

囀りと地鳴き 鳥の鳴き声は、大きく2種類に分けられます。繁殖期に、縄張りを宣言し、雌に求愛するための「囀(さえず)り」と、それ以外のコミュニケーションツールとしての「地鳴き」です。 日本人に最も馴染みの深い囀りは、ウグイスの「ホーホケキョ」…

『万葉集』の一首鑑賞・その四 「信濃なる…」

信濃なる千曲(ちぐま)の川のさざれ石(し)も君し踏みては玉と拾はむ 『万葉集』巻十四所収の東歌*1。 歌意は「信濃の国にある千曲川の小石も、あなたが踏んだら、私は玉と思って拾いましょう」*2。 枕詞も序詞も使わず、恋する乙女の純情可憐な思いを、ご…